スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
当サイトは基本をすっ飛ばしてます。基本文法等は、@ITをどうぞ
カテゴリー: スポンサー広告

DataGrid スプライト表示

DataGridの行をスプライト(縞々)表示にするのは標準装備。

<DataGrid AutoGenerateColumns="False"
VirtualizingStackPanel.IsVirtualizing="True"
VirtualizingStackPanel.VirtualizationMode="Standard"
CanUserAddRows="False"
CanUserDeleteRows="False"
SelectionMode="Extended"
SelectionUnit="CellOrRowHeader"
ItemsSource="{Binding PersonsList}"
AlternatingRowBackground="AliceBlue"
>
<DataGrid.Columns>
<DataGridCheckBoxColumn IsReadOnly="False"
local:DataGridExtender.ColumnId="ColIsChecked"
/>
<DataGridTextColumn IsReadOnly="True"
Header="名前"
local:DataGridExtender.ColumnId="ColFirstName"
Binding="{Binding FirstName}"
Width="1*"
/>
<DataGridTextColumn IsReadOnly="True"
Header="苗字"
local:DataGridExtender.ColumnId="ColSecondName"
Binding="{Binding SecondName}"
Width="1*"
/>
</DataGrid.Columns>
</DataGrid>

20120727_1
ただ、奇数行に色をつけるって設定はないんだよね。どうでも良いと言われれば、それまでの話だけども。
(補足1)
ItemsSourceとバインディングしているPersonsListは、DataContext側に用意させている。
リストのアイテムとなるクラスに、FirstNameとSecondNameというプロパティがあれば動く。無名クラスでも大丈夫。
(補足2)
Widthに設定している「1*」というのは、比率設定。上記設定では、名前と苗字の幅が1:1となる。
このあたりは、Gridの設定に似ている。
DataGridColumnのWidthプロパティは、double型ではなく、DataGridLengthという構造体だからできる事。
スポンサーサイト
当サイトは基本をすっ飛ばしてます。基本文法等は、@ITをどうぞ
カテゴリー: WPF4 | コメント: 0 | トラックバック: 0


この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント


サイドバー背後固定表示サンプル

当ブログに書かれたソースコードは流用自由です。

バグ、スペルミス等はありうる事です。

ご利用の際は自己責任でお願いしますm(_ _)m

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。