DataBinding

・WPFの根幹の機能の1つ。
・ターゲット(コントロール)とソース(DataContext)のプロパティの値を紐付ける。連動させるとも言える。
・ソースをコントロールにすることも可能。
・バンディングは、XAML上でも、コード上でも可能。
・バインディングに失敗しても、起動時は例外にはならない。
 その後に、設定次第で例外が発生することもある。
・バインディングは、変更通知機能を通じてターゲット側へ値を反映させる。
・基本、コントロール:ソース=1:1あるいは、多:1
・マルチバインディングを使うことで、複数のソース側のプロパティを使ってバインディングできる。
DataBindingを使わないと、WPF使う意味ないかなとか。
Windows.Formsだと、コントロールの持つプロパティを直接変更していたけど、データバインディングを使うことでほぼそれがない。ビューとモデルの切り離しには欠かせない機能。
滅多に例外を発生させない割に、動作しない原因はたいていこいつだったりする。
(追記)
Windows.FormsにもDataBindingの機能は存在するけど、仕事で使った覚えがない。
直接変えた方が速いしなぁとか。
WPFになって、更にMVVMパターンなんてのを使い出してから、データバインディングは必須になった。
スポンサーサイト
当サイトは基本をすっ飛ばしてます。基本文法等は、@ITをどうぞ
カテゴリー: WPF4 | コメント: 0 | トラックバック: 0


この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント


サイドバー背後固定表示サンプル

当ブログに書かれたソースコードは流用自由です。

バグ、スペルミス等はありうる事です。

ご利用の際は自己責任でお願いしますm(_ _)m