スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
当サイトは基本をすっ飛ばしてます。基本文法等は、@ITをどうぞ
カテゴリー: スポンサー広告

イベント名が紛らわしい

 WPFで、ポップアップ通知的なものを作って欲しいという要望がユーザーさんから寄せられ、作ることになった。
ポップアップの画面にウィンドウの枠はなく、マウスの左ボタンを押すことで、ウィンドウをドラッグさせる必要がある。
 この実装そのものはそこまで難しい訳ではなく、MouseLeftButtonDownというイベントにハンドラ(メソッド)を登録して、そのメソッド内でDragMoveメソッドを実行すれば良い。

this.MouseLeftButtonDown += MainWindow_MouseLeftButtonDown;

/// <summary>
/// マウス左ボタン押下イベントハンドラ
/// </summary>
/// <param name="sender">イベントソース</param>
/// <param name="e">イベントデータ</param>
private void MainWindow_MouseLeftButtonDown(object sender, MouseButtonEventArgs e) {
this.DragMove();
return;
}
これでタイトルバー以外をクリックしてもドラッグできる。
 ところが、ポップアップ機能をリリースしてしばらくすると、どうもこのポップアップでエラーが起きているようだった。MouseRightButtonDownイベントハンドラ内でDragMoveメソッドを実行するとエラーになることまでは分かったのだけど、そういう実装でリリースしている訳でもない。さっぱり原因がわからず悩んでいた時、うちの同僚さんで、マウスの左利き設定をしている人がいることを思い出した。

もしかして、マウスの左利き設定をすると、右ボタン押下のイベントで処理しないと駄目なのでは?

そう考え、左利き用の設定をした後、同じように実行してみた。で、その時に、右ボタンのクリックで、MouseRightButtonDownではなく、 MouseLeftButtonDownイベントが発生することを初めて知ったのである。
 結果から考えるに、MouseLeftButtonDownイベントは、「マウスの左ボタン」がクリックされた時ではなく、「標準の選択とドラッグとして選んだ側のボタン」がクリックされた時に発生しているようだ。で、その反対側のボタンでMouseRightButtonDownが発生していると。もう少し、イベントの名前をどうにかできなかったのだろうか。まあ、「標準」と「それ以外」を意味するイベントは、それはそれでわかりづらい気がしなくもない。単に考えるの面倒くさかったのかもしれないけど。いずれにしても紛らわしい。
 ん?でも、それだと、エラーになんてならないはず。調査はまだ続くのだった。

なお、マウスが左利き設定になっているかどうかを知ることはできる。
マウスが左利き設定になっているかどうかを調べるには?
スポンサーサイト
当サイトは基本をすっ飛ばしてます。基本文法等は、@ITをどうぞ
カテゴリー: WPF4 | コメント: 0 | トラックバック: 0


この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント


サイドバー背後固定表示サンプル

当ブログに書かれたソースコードは流用自由です。

バグ、スペルミス等はありうる事です。

ご利用の際は自己責任でお願いしますm(_ _)m

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。