スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
当サイトは基本をすっ飛ばしてます。基本文法等は、@ITをどうぞ
カテゴリー: スポンサー広告

時代の流れでコードの書き方も変わる

仕事では、.NET4(VS2010)をIDEとして使っている関係上、C#5以降の機能を使うことはできない。
最初の頃に書いたコードに、ToStringというユーティリティメソッドがある。
クラスはシンプルが良い(Utility編)
このユーティリティメソッドは、Java時代からの長い付き合いである。
これをC#6.0風に書くと、こんな感じになるだろうか。
public static class StringUtil {

/// <summary>
/// 引数オブジェクトを文字列で返します。nullなら空文字列が返されます。
/// </summary>
/// <typeparam name="T">引数オブジェクトのタイプ</typeparam>
/// <param name="obj">オブジェクト</param>
/// <returns>文字列</returns>
public static string ToString<T>(T obj) {
return obj?.ToString() ?? string.Empty;
}
}
?が3つもあるが、一行で書けたりする。開発環境もそろそろVS2015に移行する時期なんだろうな。
スポンサーサイト
当サイトは基本をすっ飛ばしてます。基本文法等は、@ITをどうぞ
カテゴリー: C# | コメント: 0 | トラックバック: 0


この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント


サイドバー背後固定表示サンプル

当ブログに書かれたソースコードは流用自由です。

バグ、スペルミス等はありうる事です。

ご利用の際は自己責任でお願いしますm(_ _)m

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。