スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
当サイトは基本をすっ飛ばしてます。基本文法等は、@ITをどうぞ
カテゴリー: スポンサー広告

速(早)すぎると言えなくなってきた。

最新版Windowsの正式名称はWindows8.1に:スタート画面から簡単に無償アップデートできる模様
Windowsの最新版(Windows8.1)が今年中にリリースされるそうな。しかも、無償で。

スタートボタン(っぽいのが)復活
・標準ブラウザはIE11に。

ついにサービスパックも1で止まるようになったのか。まあ、無償提供っぽいので、これがSP1と思っても良いのかもしれない。しかし、Windowsストアからダウンロードか。時代の流れだな。
 しかし、IEのバージョンもどんどん上がっているな。もはや昔々になってしまったけど、IE5~6の頃はWEBアプリ開発をメインにしていた。WEBアプリでクライアントとして使うWebブラウザ、特にIEは各バージョンでJavascriptふくめ、色々な挙動が変わる。バージョンが少ない頃はちょっとの動作確認でどうにかなったが、こうも広がるとめんどくさい事このうえない話となる。IE6、黒歴史なIE7,IE8,IE9,出たてのIE10。確認するだけで、どれだけの手間やら。IETesterにも限界があるぞ!といいたい。実際、IETesterと実際のブラウザでも挙動が違うときがある。それにインストールされているプラグインの種類にも。「クライアントOSのバージョンに依存しません!」っていう謳い文句も今となっては通らないし。 現在MSが推している(ような)XAMLもいつまで使えることやら。早々に切られても次に移れるように準備と心構えは必要という事だろうか。しかし、
アプリを開発する側としては、ほしいのは新機能ではなく、速度と安定性なんだけどね。
スポンサーサイト
当サイトは基本をすっ飛ばしてます。基本文法等は、@ITをどうぞ
カテゴリー: Windows | コメント: 0 | トラックバック: 0


この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント


サイドバー背後固定表示サンプル

当ブログに書かれたソースコードは流用自由です。

バグ、スペルミス等はありうる事です。

ご利用の際は自己責任でお願いしますm(_ _)m

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。