スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
当サイトは基本をすっ飛ばしてます。基本文法等は、@ITをどうぞ
カテゴリー: スポンサー広告

1→One

書類の部数なんかを表示する際に、英語表記の場合は気をつける必要があるらしい。

数字を書くときの決まりごと
先頭に数字を持ってきては行けないらしい。

1 copy of document.

ではなく、

One copy of document.
或いは、
a copy of document.

らしい。複数になると、XXX copies of...となる。
日本語なら、「個」とか「部」とかで同じなのに、英語では違う。
数字の部分は当然動的なものであり、且つDB内では、数値型で持っている為、1,2,3,...というアラビア数値から、One,Two,Threeというアルファベットに変換する必要がある。
で、調べて見たら、さすがのStack Ovewflowに載っていた。
.NET convert number to string representation (1 to one, 2 to two, etc…)
流石です。そのまんまです。数値系の配列なんかは、static readonlyが良いと思わなくもないけど、ほぼこのままで行けそう。
スポンサーサイト
当サイトは基本をすっ飛ばしてます。基本文法等は、@ITをどうぞ
カテゴリー: C# | コメント: 0 | トラックバック: 0


この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント


サイドバー背後固定表示サンプル

当ブログに書かれたソースコードは流用自由です。

バグ、スペルミス等はありうる事です。

ご利用の際は自己責任でお願いしますm(_ _)m

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。