スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
当サイトは基本をすっ飛ばしてます。基本文法等は、@ITをどうぞ
カテゴリー: スポンサー広告

文字列のあれこれ。

.NET1.1の頃にはあまりなかった文字列操作系のメソッド。そこらへんを共通系として自作したクラスやメソッドが補っていたんだけど、今や標準でサポートされるようになった。

○null或いは空文字かどうかを判定する
var result = string.IsNullOrEmpty(""); //true


○null或いは空文字、或いは半角スペースだけかを判定する。
var result = string.IsNullOrWhiteSpace("  "); //true


○大文字小文字を区別せずに比較する。
var result = string.Compare("strA", "STRA", true); //true


○文字列を特定の文字列で連結する。
var result = string.Join("/", "a", "b", "c");// a/b/c


○文字列を半角文字に変換する
var result = Microsoft.VisualBasic.Strings.StrConv(
"aaa", Microsoft.VisualBasic.VbStrConv.Narrow, 0);// aaa
※Microsoft.VisualBasic.dllを参照に追加する必要あり

.NETのバージョンに対する依存度を減らそうと思うなら、自作クラスのメソッドでラップする事である程度は減らせるので、相変わらず自作クラスを推奨している。
スポンサーサイト
当サイトは基本をすっ飛ばしてます。基本文法等は、@ITをどうぞ
カテゴリー: C# | コメント: 0 | トラックバック: 0


この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント


サイドバー背後固定表示サンプル

当ブログに書かれたソースコードは流用自由です。

バグ、スペルミス等はありうる事です。

ご利用の際は自己責任でお願いしますm(_ _)m

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。