スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
当サイトは基本をすっ飛ばしてます。基本文法等は、@ITをどうぞ
カテゴリー: スポンサー広告

ComboBoxに大量データ

ComboBoxに数千件のリストを表示しようとした。別にしたかったわけではなく、たまたまそうなった。
で、ドロップダウンボタン(▼)を押すと、とってももっさりした動きになった。押してから、リストを表示するまでに、2秒ほどの「溜め」を感じるほどに。これはあれだ。そうあれ。UI仮想化ができていない。すべてのアイテムについてコントロールを実体を作ってるんだと思い当たった。
というわけで、ComboBoxに大量データを表示する際の設定方法をメモっておく。

<ComboBox VirtualizingStackPanel.IsVirtualizing="True"
VirtualizingStackPanel.VirtualizationMode="Standard">
<ComboBox.ItemsPanel>
<ItemsPanelTemplate>
<VirtualizingStackPanel />
</ItemsPanelTemplate>
</ComboBox.ItemsPanel>
</ComboBox>
VirtualizingStackPanelは、UI仮想化を行う為のパネル。これを使うことで、仮想化系の添付プロパティが活かされている。これを設定することで、とりあえず数千件レベルのリストもスムーズに展開できた。
まあ、コンボボックスに対して、数千件のアイテムを表示させて、ユーザがまともに目当てのものを検索できるのか?という懸念(問題)は解消できないていないけどね。
(追記)
まあ、数千件のリストから探すには?という問題に対する解決策の1つは、探して実装はしたんだけど、ユーザがまだ使っていないため、有用性がいまいち不明だったりする。
機会があれば、またメモる事にしようっと。忘れないうちに。
スポンサーサイト
当サイトは基本をすっ飛ばしてます。基本文法等は、@ITをどうぞ
カテゴリー: WPF4 | コメント: 0 | トラックバック: 0


この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント


サイドバー背後固定表示サンプル

当ブログに書かれたソースコードは流用自由です。

バグ、スペルミス等はありうる事です。

ご利用の際は自己責任でお願いしますm(_ _)m

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。