スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
当サイトは基本をすっ飛ばしてます。基本文法等は、@ITをどうぞ
カテゴリー: スポンサー広告

不可解エラー

WPFを使った開発で偶に悩まされるのが、よくわからないところで発生する例外である。特にXAML側の記述が原因となるようなエラーは、原因を特定するのが難しい。そもそも、そのエラーにしても、↓のような実装をしておかないと、記録も残らない。
(例外の)最終防衛ラインを引く
WPFに限った話ではなく、エラーというものを直すには、その原因を特定する必要がある。でも、発生頻度が少なかったり、再現する為の操作がわからなかったりして、修正もままならない時がある。
で、最近仕事で起こったエラーで、あいも変わらずよくわからないエラーが発生した。
エラーの内容は↓の記事とほぼ同じだった。
【不具合】 字幕アイテムのテキストを編集中、スペース入力後に全角の記号を変換すると予期せぬ例外が発生します。
このエラーに関しては、再現方法がわかった。
・日本語入力がMicrosoft製IME
・Textプロパティのバインドで、UpdateSourceTriggerを「PropertyChanged」にする。
・このPropertyChangedイベント用のメソッド内で、ボタンとバインドしているコマンドの実行可否判定イベント(CanExecuteChanged)を発生させる。
この条件(実装)で、日本語入力モードで変換候補を出した瞬間に落ちた。候補を表示する段階でイベントが発生して、位置取りをしようとして、失敗する。そんな感じかなと。
 ユーザーの環境では発生しても、自分の開発環境では発生しないなんて事もよくある。それはPCのスペックの違いだったり、OSの違いだったり、ブラウザの種類やバージョンの違いだったりと様々なことが要因となる事がある。できるだけユーザーの使用環境に近いものを検証機として持っておけば、バグも見つけやすいのかもしれない。
スポンサーサイト
当サイトは基本をすっ飛ばしてます。基本文法等は、@ITをどうぞ
カテゴリー: WPF4 | コメント: 0 | トラックバック: 0

サイドバー背後固定表示サンプル

当ブログに書かれたソースコードは流用自由です。

バグ、スペルミス等はありうる事です。

ご利用の際は自己責任でお願いしますm(_ _)m

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。