スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
当サイトは基本をすっ飛ばしてます。基本文法等は、@ITをどうぞ
カテゴリー: スポンサー広告

Let's Combine

 プログラム内で、参照したいファイルのパスを作るときに、たまたまサイトで見かけたもの。
System.IO.PathというクラスのCombineメソッドが、フォルダとファイル名をつなげるらしい。
どんなものなのか、色々と試してみた。
var path1 = System.IO.Path.Combine(@"c:¥", "tawamure.txt");
var path2 = System.IO.Path.Combine(@"c:", "tawamure.txt");
var path3 = System.IO.Path.Combine(@"c:¥projects", "tawamure.txt");
var path4 = System.IO.Path.Combine(@"c:¥projects¥", "tawamure.txt");
var path5 = System.IO.Path.Combine(@"c:¥projects¥", "¥tawamure.txt");
var path6 = System.IO.Path.Combine(@"c:¥projects", "¥tawamure.txt");

結果

path1 = @"c:\tawamure.txt"
path2 = @"c:tawamure.txt"
path3 = @"c:\projects\tawamure.txt"
path4 = @"c:\projects\tawamure.txt"
path5:例外発生(ArgumentException)
path6:例外発生(ArgumentException)


となった。まあ、なんだ。第2引数の先頭に"\"があると駄目な感じかな。ただ、ユーティリティなメソッドって、こういう例外発生を期待せず、適当に直してくれる事を期待される事がある。ただ、どこまでも例外の発生を抑えてしまうと、それはそれで、エラーを知ることなく先に進んでしまう事がある。
ヘルプは得てしえ読まれず、コメントも似たようなもの。結局、使う側に直接周知しておくのが一番マシだった。可能であれば、だけど。
ただ、読まれなかったとしても、コメントにでも書いておけば、「ここに書いてあるでしょ?」と言えるので、それはそれでアリなんだけどね。
スポンサーサイト
当サイトは基本をすっ飛ばしてます。基本文法等は、@ITをどうぞ
カテゴリー: C# | コメント: 1 | トラックバック: 0

Culture関係のリンク

DatePickerを拡張して実行した時、SharpDevelopで実行すると、なぜかCultureが英語になる(en-US)。AppクラスのStartUpで日本語に設定してもやっぱりen-USになっている感じがする。
まだ結論まで至っていないけど、その時調べた時の記事(URL)を列挙。

【.NET】書式を指定してDateTime(Date)の文字列を取得する

How can i globally set the Culture in a WPF Application?

XmlLanguage Class

xml:lang Handling in XAML

WPF Globalization and Localization Overview

Setting CurrentCulture and CurrentUICulture of an application

VS2010なら日本語(ja-JP)なのに…。実行時のカルチャってどこで決まるんだろ?
当サイトは基本をすっ飛ばしてます。基本文法等は、@ITをどうぞ
カテゴリー: WPF4 | コメント: 0 | トラックバック: 0

サイドバー背後固定表示サンプル

当ブログに書かれたソースコードは流用自由です。

バグ、スペルミス等はありうる事です。

ご利用の際は自己責任でお願いしますm(_ _)m

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。